尿路感染症の診断と治療|天王寺区 のむら泌尿器科 | JR大阪環状線「桃谷」駅前|膀胱炎

06-6105-2525

診療時間

尿路感染症の診断と治療

膀胱炎

女性に多い病気で、男性に起こるのは稀です。年齢を問わずかかりますが、若い方に多く見られます。女性の外陰部にいる細菌が尿道から入って膀胱粘膜に付着、繁殖して起こります。
通常は菌が入っても、膀胱の感染防御機構が働いて膀胱炎にはなりませんが、次のような要因が重なると膀胱炎になることがあります――ストレス、疲れ、体調不良(風邪をひいた後など)、冷え症、尿を我慢し過ぎた、1日の尿量が少ない、不潔な性行為など。
症状としては排尿痛、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹部痛(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い、などがあります。

検査は、尿検査と尿の細菌培養検査*で診断します。トイレで紙コップに尿を採って来ていただき、それを顕微鏡で見て白血球(炎症細胞)が増えていれば膀胱炎と診断します。結果はすぐに出ます。
治療は、抗生剤を3~5日間、内服します。通常1~2日間で症状は良くなり、3~5日間の治療で治癒します。

*尿の細菌培養検査
原因菌の種類、およびその細菌にどんな薬剤が有効かを調べます。
細菌の種類としては、大腸の中にいる大腸菌、腸球菌や、皮膚・粘膜にいるブドウ球菌、連鎖球菌などがよく見られます。クラミジア(性感染症)のこともあり、クラミジア膀胱炎が疑わしいときは、尿中にクラミジアの遺伝子があるかどうかの検査をします。

前立腺炎

前立腺炎とは、文字通り前立腺に炎症を起こした状態を言います。前立腺炎は急性の場合の多くは、尿中の細菌による感染で起こり、発熱や排尿困難、排尿痛や残尿感、頻尿などの症状を伴います。前立腺の腫れのために尿道が圧迫され、排尿障害や時には尿閉(尿が出なくなる)になることも少なくありません。抗菌薬の点滴や内服薬で治療します。炎症が強いと、入院加療が必要になるケースもあります。

尿道炎

尿道炎は性行為の際に尿道に入って感染することがほとんどです。
ただし、菌を持っている相手と性行為をすると必ず感染する訳ではありません。細菌の種類はクラミジアが最も多く、淋菌が次に多いです。他には、マイコプラズマ、ウレアプラズマなど1種類ではなく数種類の菌が同時に見つかることもあります。

症状としては、排尿痛、尿道の違和感、尿道から膿(うみ)が出る、足の付け根のリンパ節が腫れて痛むなどが挙げられます。感染していても全く症状がないこともあります。
診察と尿の検査で診断できます。尿検査、尿細菌培養検査、クラミジア・淋菌のDNAあるいはRNA検査を行います。
治療は、抗生物質の内服になどですが、場合によっては注射も行います。

淋菌性尿道炎
注射が必要となります。ほとんどの場合は1回の注射で治癒します。
クラミジア尿道炎
内服薬の治療で治癒します。

痛い検査や、基本的に女性の方の内診検査などはありませんので、恥ずかしがらずにお気軽にご相談ください。